株式会社梶原鉄工所
業界:メーカー エリア:中播磨

企業名 株式会社梶原鉄工所
事業内容 熱交換器設計・製作
環境プラント機器設計・製作・施工
発電プラント機器製作・据付
各種プラント機器 設計・施工・補修
第一種圧力容器の設計・製作
ボイラ機器類製作
所在地 兵庫県姫路市飾磨区恵美酒441
電話番号 079-235-6151
ホームページ https://www.kajiwara-ltd.co.jp/
代表者名 梶原 敏樹
働き方 企業を運営していく上での資金が潤沢にある 利益を生み出す力(稼ぐ力)が高い 歴史が長い 福利厚生が充実している 活発な社内間コミュニケーションがある 意見が言いやすい雰囲気がある 良好な人間関係が築かれている 綺麗な職場環境(オフィスが綺麗など)が整えられている ブランド力向上のための広報活動が積極的に行われている(自社HPやSNSでの情報発信) 成長をにらんだ投資計画がある 成長のために次世代の人(新卒者)を採用しようとしている
事業所 本社/兵庫県姫路市飾磨区恵美酒441
松之本工場/兵庫県姫路市飾磨区恵美酒字松之本227
神戸事務所/神戸市中央区楠町6-2-4ハーバースカイビル403号
東京営業所/東京都港区芝5-29-20クロスオフィス三田808号
設立 昭和25年9月11日
沿革
大正 04年 兵庫県姫路市伊伝居に梶原定吉が梶原鉄工所を個人創業。
圧力容器及びボイラーを製造。
昭和 11年 現在地の兵庫県姫路市飾磨区恵美酒へ工場移転。
昭和 12年 呉海軍工廠の指定工場となり復水器・取鍋等を製作。
仕上組立工場を建設。
昭和 19年 機械工場を新築し、諸機械を増設。
昭和 20年 商工省より運搬機械生産工場に指定。
昭和 25年 法人組織に改組し、株式会社梶原鉄工所となる。
煤吹器(スートブロワ)生産開始。
昭和 31年 製缶工場を建設。
昭和 32年 鋼板製溶接継手の生産開始(現在は他社に分離)。
昭和 33年 ディーゼル用掃除空気溜、架構等の生産開始。
昭和 38年 スルザーディーゼル機関用エンジンべッドの生産を開始。
松之本工場を建設。
昭和 39年 油加熱器の生産開始。
昭和 42年 排ガスボイラーの生産開始。
昭和 44年 舶用油焚ボイラーの生産開始
昭和 46年 中島工場建設。
昭和 54年 中島工場に集じん板加工工場を増設。
昭和 58年 中島工場に広域幅集じん板加工工場を増設。
昭和 59年 ASME CODE ”U”及び”UM”スタンプ取得(平成10年 スタンプ返納)。
平成 07年 建設業許可管・塗装・熱絶縁・鋼構造物・機械器具設置各工事業。
平成 16年 サンロッドオイルヒータ(油加熱器)自社ブランドとして生産開始。
平成 17年 サンロッドオイルヒータからカジワラヒーターへ名称変更。
平成 22年 当社ブランドとしてのオイルヒーター製造数がのべ3,000台に達する。
平成 23年 鉄鋼部品のラベル自動プリント機械の製造開始。
平成 25年 ISO9001、ISO14001を取得。
平成 26年 創業100周年を迎え、新規事業をスタート。
平成 30年 脱臭装置に関する窓口として、神戸事務所開設。
平成 31年 関東地区営業強化のため、東京営業所開設。