私達銀波荘は自然と街が調和した美しい風景で知られる兵庫県赤穂市に創業し今年73年目を迎えます。
赤穂市は神戸・大阪から約1-2時間の距離に位置し、忠臣蔵に代表される歴史的な遺産、特産の塩や牡蠣に代表される豊富な海産物、また近年は海と山の景観を生かした人気スポットが多く誕生し、各世代から注目を集めている街でもあります。

そんな赤穂市で誕生し長い歴史を持つ私たちですが、特にこの10年余りの間に大きな変化を遂げました。
瀬戸内海が一面に拡がる「絶景露天風呂」、ロビーラウンジ「ロカ岬」、露天風呂を備えた高層階客室のオープン、空間作りにこだわった「瀬戸内の小さなホテル ミサキテラス」の開業など、瀬戸内海に面した立地を最大限に生かした数々の革新的な改良を重ねた結果、各種の調査では高い評価を獲得し、雑誌・テレビ・webメディア等、各方面から多くの取材依頼もいただくまでになりました。
これらの前進は単に施設の改良の結果に留まらず、お客様に「本物の価値」を提供し「感動」を味わっていただきたいという、一人一人の従業員の熱意がお客様に伝わった成果だと考えています。

私達は現在旅館・ホテルを運営しておりますが、現状に満足することなく現在のサービスにさらに磨きをかけながら、
観光・サービス業において新たな価値を生み出すという新たなチャレンジを目指しています。
日本の新たな基幹産業となった観光・サービス業において、私たちの目指す「本物の価値」と「感動」を生み出して続けてゆくには、
人生の新たなステップを踏み出し、新たな情熱を秘めた若い皆さんの感性と力が是非とも必要です。
その為に私達は最大限の努力を惜しみませんし、銀波荘での経験は必ずや皆さん自身の成長に繋がると確信しています。

【私達の目指すもの】
 新たな挑戦。
 本物の価値。
 お客様に感動を。

【私達の求める人材】
・素直な心を持って何事にも取り組める人
・プラス思考で考えることが出来る人
・それぞれの環境で必要とされる勉強を続けることができる人

宿泊施設という枠を超え、日本の新たな基幹産業となった観光・サービス業に
おいて、自分の力を試し成長したい、
そんな熱意を持った皆さんと共に更なる挑戦を目指していきます。
皆さんのご応募を心からお待ちしています。

企業名 株式会社銀波荘
事業内容 ・赤穂の絶景露天風呂の宿「銀波荘」の運営
・瀬戸内の小さなホテル「ミサキテラス」の運営
所在地 兵庫県赤穂市御崎2-8
電話番号 0791-45-3355
ホームページ https://www.ginpaso.co.jp
代表者名 成世 敏昭
働き方 安心して働ける環境である 社会の変化に対応出来ている 歴史が長い 新入社員教育制度がある 福利厚生が充実している 育休取得後復帰しやすい 育休が積極的に取得できる 活発な社内間コミュニケーションがある 会社の方針やルール等の情報に透明性がある 成長をにらんだ投資計画がある
事業所 銀波荘/兵庫県赤穂市御崎2-8
ミサキテラス/兵庫県赤穂市御崎165-10
設立 1951年10月
資本金 3000万円
売上高 6億8,000万円(2023年7月決算 グループ)
従業員数 75名(正社員20名、パート55名)
沿革
1951年10月 旅館業として銀波荘を開業
1971年07月 赤穂御崎温泉が開湯
1990年02月 成世寅二に代わり成世邦俊が代表取締役社長に就任
1993年05月 レストラン銀波荘がオープン
1998年04月 銀波荘2階・3階・4階改装
2000年12月 赤穂新温泉開湯
2001年06月 ガーデンスパ改装
2003年05月 銀波荘5階・6階改装
2010年11月 海遊大浴苑オープン
2011年04月 開業60周年
2013年12月 特別客室「天空の間」完成
2015年05月 成世邦俊に代わり成世敏昭が代表取締役社長に就任
2017年08月 ロビー「ロカ岬」リニューアル完成
2018年08月 レストラン会場「福寿亭」リニューアル完成
2022年09月 瀬戸内の小さなホテル「ミサキテラス」オープン
2023年9月 本館高層階  絶景オーシャンビュー客室
『天空フロア・夕凪フロア』 リニューアルオープン